2021.05.31

早漏とは?薬やトレーニングによる改善方法も紹介

「セックスで射精が早くて嫌だ」「相手が不満に思っていないか心配だ」という悩みを抱えている男性は多いのではないでしょうか?今回は、なかなか人に相談しづらい「早漏」について解説していきます。改善方法も紹介するので、早漏でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次

早漏とは
 早漏の基準
  早漏のセルフチェック(質問票)
 何人に一人が早漏?
早漏だと何がどう困る?
早漏の原因は?
早漏の改善方法
 早漏治療薬の服用
  早漏治療薬の服用時の注意点
 骨盤底筋のトレーニングによる早漏改善
 その他の方法
まとめ:早漏に上手く対処してより良い性生活を

早漏とは

「早漏」=「セックスでの射精が早い状態」ということは多くの方がご存じだと思いますが、早漏の基準など詳しく把握している人は少ないでしょう。まずは「早漏」という症状について詳しく見ていきましょう。

早漏の基準

国際性機能学会の見解では、以下の全てに該当する状態が「早漏」と定義され[1]、また早漏は「性機能障害」という疾患の一種と認められています。

<早漏の定義>

  1.  ほとんどいつも、膣への挿入から1分以内、もしくは挿入の前に射精してしまう状態
  2.  セックスの相手が変わっても、ほとんどの相手で射精を遅らせることが困難な状態
  3.  射精が早いことに、ストレスや苦痛を感じている状態

定義の3に注目すると、どんなに射精が早くても、そのことにストレスを感じていなければ、それは「早漏ではない」と言えます。逆に①②には当てはまらなくても、射精の早さにストレスを感じていれば、それは治療の対象になると言えます。

<参考>
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える

早漏のセルフチェック(質問票)

上記の定義に当てはまるかどうかだけでなく、早漏の具合はPEDT(Premature Ejaculation Diagnostic Tool)と呼ばれる以下の5問の合計点でチェックすることができます。

早漏セルフチェックPEDT

セルフチェックは、以下のリンク先でも実施することができます。

<参考>
早漏セルフチェック(Dr. 小堀の射精障害ガイド ~早漏編~)

何人に一人が早漏?

TENGAヘルスケアが2017年に行った調査では、20-70代の男性の内40.1%(約1,869万人)が自分のことを「早漏だ」もしくは「早漏気味だ」と考えており、更にその内の70.2%(約1,313万人)が、早漏であること「悩んでいる」もしくは「気にしている」ということが分かりました。

自分のことを「早漏だ」と考えている人の中には、早漏の定義(膣挿入から射精までが1分以内)に当てはまらない人も多いはずです。ただ多くの男性が、自分の射精の早さにコンプレックスを抱えていることは間違いないでしょう。

早漏だと何がどう困る?

では次に、早漏だと何が困るかについて見行きましょう。以下は、早漏の男性からよく聞かれる悩みです。

<早漏の男性が抱える主な悩み>

  • 挿入時間が短くて満足できない(もっと長く楽しみたい、色々な体位を行いたい)
  • 相手が満足していないのでは、と不安になる
  • 早く射精してしまうことが情けなく、恥ずかしい気分になる
  • セックスや恋愛に対して消極的になる

上記のように、自分がセックスで満足できないだけでなく、「相手が不満に思っていないか?」という不安からセックスに自信が持てず、セックスや恋愛を避けるようになる、という場合もあります。

たとえパートナーから「今の挿入時間で十分満足している」と言われても、「それは本心ではないのでは?気を遣われてるのでは?」と考える男性もいるでしょう。

ちなみに、女性(パートナー)が「早漏」をどのように感じるかは人それぞれですが、海外では早漏が離婚の原因として認められる場合もあります。日本では早漏で離婚という話はほとんどありませんので、後述する治療薬の承認も含め、早漏は日本より海外での方が深刻に捉えられていると言えます。

早漏の原因は?

早漏の原因は、心理的/精神的な問題か、陰茎の感覚が敏感であることだと言われていますが、詳細には解明されていません。複数の原因が内在したり、そもそも生まれながらに(最初のセックスから)早漏という場合もあるため、早漏の原因を特定するのは難しいと考えられています。

早漏の改善方法

先程、早漏の原因の特定は難しいと説明しましたが、どのような原因でも、多くの場合「薬物療法」と「トレーニング」で改善が期待できます。代表的な早漏の治療法を見ていきましょう。

早漏治療薬の服用

「ダポキセチン」という成分の薬を服用することで、射精の時間を伸ばす方法です。ダポキセチンは「選択的セロトニン再取り込み阻害剤(Selective Serotonin Reuptake Inibitor:SSRI)」の一種で、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが、神経細胞(のシナプス)間で伝達される効率を高める作用があります。セロトニンは、脳内で射精を遅らせる神経伝達プロセスに関与しているため、セロトニンの働きを増強することで、射精を遅らせることができます。

そもそもSSRIは抗うつ剤として使用される物質で、SSRIを服用していたうつ病患者で、早漏が改善されたことから、早漏の治療薬として注目が集まりました。

このSSRIの作用を、うつ病治療ではなく早漏改善用に調整した(具体的には作用時間を短時間にした)ものが「ダポキセチン」です。

「ダポキセチン」の効果は複数の臨床研究で証明されており、12週間の服用で、射精の時間が以下のように変化すると報告されています[2]。

<ダポキセチン12週間服用による、射精時間の延長効果(服用前:0.9 分)>

  • プラセボ(偽薬) ➡ 1.75 分
  • ダポキセチン30 mg ➡ 2.78 分
  • ダポキセチン60 mg ➡ 3.32 分

30 mgでも60 mgでも、ダポキセチンを服用すると、プラセボと比較して射精時間が有意に延長されることが分かりました。また服用期間が4週間、8週間の場合でも、射精時間は有意に延長されていました。

ただしこれらは、元々の挿入時間が2分以下の被験者を対象にした結果なので、元々の挿入時間がそれより長い人での効果は明らかになっていません[3]。

早漏治療薬の服用時の注意点

ダポキセチンは効果の認められた治療薬ですが、服用に際しては何点か注意が必要です。服用ができないケースもあるため、服用を検討する場合は必ず専門の医療機関に相談するようにしましょう。

<早漏治療薬服用時の注意点>
注意点①国内未承認
 ダポキセチンを有効成分とする早漏治療薬は、『プリリジー』という商品が最もメジャーで、世界50カ国以上で認可されていますが、日本では認可されていません。
注意点②薬の値段
 国内未承認ということもあり、早漏治療薬は基本的に高額です。用量やジェネリックかどうかで差がありますが、1錠1,500~5,000円程度の価格になります。
注意点③副作用
 吐き気、めまい、頭痛、口の渇き、といった副作用が報告されています。
注意点④服用ができない場合がある(禁忌)
 心臓や肝臓に持病がある、抗うつ剤を服用している、といった場合は服用できなかったり、服用に注意が必要です。
 その他にも多数の禁忌があるため、必ず専門の医療機関に相談してから購入するようにしましょう。
注意点⑤完治はできない
 ダポキセチンの服用によって早漏は一時的に改善されますが、完治することはありません。早漏の症状を常に抑えたければ、毎回のセックスで服用する必要があります。

骨盤底筋のトレーニングによる早漏改善

次にトレーニングでの改善法を説明します。「早漏をトレーニングで改善させる」という概念は、1970年代のマスター&ジョンソンの研究まで遡ります。トレーニングは、「セマンズ法」や「スクイーズテクニック」といった名前で呼ばれますが、簡単に言うと「マスターベーションで射精しそうになった時に我慢することで、射精を我慢する感覚を習得すること」が目的です。

ただ現在まで、これらトレーニングの研究はあまり行われて来ず、どの程度の効果があるかはハッキリしていませんでした。しかし2019年、新たに「骨盤底筋を意識した早漏改善トレーニング」がスペインの研究チームから発表され[4]、注目を集めています。

早漏トレーニング 骨盤底筋

骨盤底筋とは、骨盤下部に位置するハンモック状の筋肉で、放尿中に尿を止めたり、肛門を締めたりする際に収縮します。そして射精時には、この骨盤底筋がリズミカルに収縮(緊張)することで、精液が放出されます。上述の「骨盤底筋を意識した早漏改善トレーニング」では、射精しそうになったら骨盤底筋をリラックスさせる(緩める)動作を繰り返し行うことで、射精をコントロールするコツの習得を目指します。

またこの方法では、手による刺激ではなく、専用のマスターベーションデバイスの使用が推奨されています。

トレーニングの詳しい方法は、以下を確認してみましょう。

<参考>
メンズトレーニングカップ トレーニングガイド(早漏トレーニング編)

このトレーニングで「骨盤底筋で射精をコントロールするコツ」を掴めたら、同じ要領でセックスでも射精をコントロールでき、挿入時間は以下のように変化すると報告されています。

<トレーニングによる挿入時間の変化>

  • マスターベーションデバイスを使用した場合:2.69倍
  • マスターベーションデバイスを使用しなかった場合:1.38倍

この研究は、元々の射精時間が2分以下の早漏患者を対象に行われましたが、筋肉の使い方による改善方法なので、元々の挿入時間が2分以上の人でも、射精時間の延長効果が期待できるでしょう。

またこの方法は、薬のように副作用がない点、一度習得できれば早漏が完治する点(操作方法を忘れなければ)、薬と比較して低コストな点がメリットです。一方、手間と根気、時間がかかる点がデメリットです。

その他の方法

薬とトレーニングでの改善方法を紹介しましたが、それ以外にも早漏改善には以下のような方法があります。色々試し、自分に合う方法を見つけられると良いでしょう。

<薬、トレーニング以外の早漏改善法>

  • 麻酔薬(スプレー/塗り薬)で陰茎の感覚を鈍くする
  • 厚手のコンドームを使用する
  • 専門医のカウンセリングを受ける

<参考>
射精障害克服のために 専門医へのオンライン相談(カウンセリング)はこちらから

まとめ:早漏に上手く対処してより良い性生活を

今回は「早漏」について、解説しました。ただ一口に早漏と言っても、悩みや状況はその人(更にパートナー)それぞれです。悩んでいる場合は、まず自分達の状況や要望を見直して、上手く対処していきましょう。

【参考/出典元】
[1]McMahon, Chris G., et al. "An evidence‐based definition of lifelong premature ejaculation: report of the International Society for Sexual Medicine Ad Hoc Committee for the Definition of Premature Ejaculation." BJU international 102.3 (2008): 338-350.
[2]Pryor, Jon L., et al. "Efficacy and tolerability of dapoxetine in treatment of premature ejaculation: an integrated analysis of two double-blind, randomised controlled trials." The lancet 368.9539 (2006): 929-937.
[3]Hellstrom, Wayne JG. "Emerging treatments for premature ejaculation: focus on dapoxetine." Neuropsychiatric Disease and Treatment 5 (2009): 37.
[4]Rodríguez, Jesús E., Juan C. Marzo, and José A. Piqueras. "Efficacy of Sphincter Control Training (SCT) in the treatment of premature ejaculation, a new cognitive behavioral approach: A parallel-group randomized, controlled trial." PloS one 14.2 (2019): e0212274.

セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
Androidユーザー必見 メンズルーペ撮影のコツ & 比較動画

RANKING

人気記事ランキング
1
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
2
精液の量(射精量)を簡単に測る方法
3
シリンジ法まるわかり講座【妊活サポートシリンジパック「Seed in」】
4
メンズトレーニングカップ トレーニングガイド(早漏トレーニング編)
2021.05.31
5
幼少からの床オナを克服できた一例
6
妊活の期間はどれくらい?妊娠するまでの平均期間と妊活開始のタイミングは?
7
妊活のためのセックス・タイミング法がしんどい。そんなときに助けてくれるシリンジ法とは?
8
シニアは恋愛や性についてどう考えているのかー「エイジングと性」実態調査ー
2021.05.31
9
精子(精液)は温度に弱い? 精子にとって快適な環境や温度は何度?
10
専門医に聞く、新型コロナと妊活⑥ 妊活延期を決めたとき、今できることはなに?/再開はいつから準備すればいい?