オナニー国勢調査 全国男性自慰行為調査2017

オナニー国勢調査とは

マスターベーションは一人で楽しむものであるがゆえに、その密室で何が行われているか、他人からは分からないものです。
自分の行為を人と比べるということも少ないため、自分のスタイルを客観視する機会もなかなかありません。
そこでTENGAヘルスケアでは、ブラックボックス化した男性のマスターベーションの実態解明を目指し、今回の「オナニー国勢調査」を実施しました。
ここでは調査結果として、バラエティに富んだマスターベーションの実態の一部と、「腟内射精障害」の原因となる不適切なマスターベーションが無自覚で行われていることを紹介します。
「腟内射精障害」が気になる・不安な方は今すぐ、以下リンクから「セルフチェック」を受けてみましょう。

調査概要

調査方法
インターネットによるアンケート調査
調査実施期間
2017年9月25日 - 2017年9月28日
調査会社
楽天リサーチ株式会社
調査対象
(1)事前調査
全国の15歳-64歳の男性/サンプル数:5,279人
(2)本調査
現在マスターベーションを行う頻度が「2, 3ヵ月に一回程度」以上の男性を、(1)事前調査回答者の中からサンプリング/サンプル数:2,000人(15歳から5歳刻みで10グループ 各200名)

調査ファイルNo.01 都道府県別マスターベーション頻度ランキング 調査ファイルNo.01 都道府県別マスターベーション頻度ランキング

ベスト5

TOPIC!! 全国平均は2.94回/週 1位神奈川県3.77回 2位兵庫県3.65回 3位静岡県3.45回 4位長崎県3.39回 5位鳥取県3.37回 TOPIC!! 全国平均は2.94回/週 1位神奈川県3.77回 2位兵庫県3.65回 3位静岡県3.45回 4位長崎県3.39回 5位鳥取県3.37回

ワースト5

1位徳島県1.95回 2位山形県2.10回 3位山口県2.32回 4位大分県2.36回 5位岡山県2.43回 1位徳島県1.95回 2位山形県2.10回 3位山口県2.32回 4位大分県2.36回 5位岡山県2.43回

1週間のマスターベーション回数は、全国平均の 2.94回を大きく上回る 3.77回の神奈川県が全国1位!
以下僅差で兵庫県、静岡県と続きます。最下位は徳島県の 1.95回で、1位神奈川県とおよそ2倍もの差になりました。
ここにない都道府県の結果はコラムを見てみましょう!

調査ファイルNo.02 マスターベーション時の姿勢とコンテンツ 調査ファイルNo.02 マスターベーション時の姿勢とコンテンツ

マスターベーション時の
姿勢ランキング

1位椅子に座る33.6% 2位仰向け27.9% 3位横寝12.1% 4位あぐら11.5% 5位うつ伏せ4.4% 1位椅子に座る33.6% 2位仰向け27.9% 3位横寝12.1% 4位あぐら11.5% 5位うつ伏せ4.4%

少数派

・立った状態
4.3%
・膝立ち
2.9%
・正座
2.6%
・四つん這い
0.4%
・その他
0.6%

過半数を超えるメジャーな姿勢はない、という意外(?)な結果に。
自分の姿勢が普通だと考えていた方々にとっては、このように多様なマスターベーションの姿勢があることは、驚きではないでしょうか?

普段マスターベーション時に
見るものランキング

TOPIC!! 無料アダルト動画が圧倒的で8割!! 1位実写アダルト動画(無料)79.5% 2位実写アダルト動画(有料)17.7% 3位妄想のみ13.1% 4位アダルトマンガ9.9% 5位アダルトアニメ(無料)8.4% 6位グラビア写真・画像7.0% 7位アダルト雑誌6.0% TOPIC!! 無料アダルト動画が圧倒的で8割!! 1位実写アダルト動画(無料)79.5% 2位実写アダルト動画(有料)17.7% 3位妄想のみ13.1% 4位アダルトマンガ9.9% 5位アダルトアニメ(無料)8.4% 6位グラビア写真・画像7.0% 7位アダルト雑誌6.0%

少数派

・何もオカズにせずただ刺激する
2.6%
・官能小説
2.1%
・テレビ番組
1.4%
・アダルトアニメ(有料)
1.1%
・音声のみで行う
0.8%
・その他
2.4%

年代別傾向

TOPIC!! 実写有料アダルト動画のコアユーザーは30代/40代 実写アダルト動画(有料) 20代、30代ともに24.8% TOPIC!! アダルトマンガの使用率は10代で突出 アダルトマンガ 10代が27.5% TOPIC!! 実写有料アダルト動画のコアユーザーは30代/40代 実写アダルト動画(有料) 20代、30代ともに24.8% TOPIC!! アダルトマンガの使用率は10代で突出 アダルトマンガ 10代が27.5%

普段マスターベーションの際に最も見られているものは、79.5%「実写アダルト動画(無料)」でした。
ただ、アダルトマンガが10代で突出していたり、「実写アダルト動画(有料)」のコアユーザーが30-40代であったりと、世代間での性嗜好の移り変わりが感じられます。
その他にも、己が「妄想のみ」でマスターベーションに臨む割合も6人に1人と、多数の支持を集めました。

調査ファイルNo.03 年代別マスターベーション傾向 調査ファイルNo.03 年代別マスターベーション傾向

マスターベーションで使う
インターフェース

TOPIC!! 30代を境に若年層がスマホ、高齢になるほどPCを使用 PC テレビ スマホ タブレット 本 何も見ない(妄想) TOPIC!! 30代を境に若年層がスマホ、高齢になるほどPCを使用 PC テレビ スマホ タブレット 本 何も見ない(妄想)

スマホの普及など、テクノロジーの進化がマスターベーションスタイルに影響を与えていると思われます。
向こう数年はスマホの割合が高いと予測されますが、バーチャルリアリティ(VR)などの技術の進歩と共に、この先我々のマスターベーションスタイルが大きく変化していくことは間違いないでしょう。
未だ見ぬ革新的技術が、我々のマスターベーションライフをより良いモノにしてくれることを願いましょう。

初射精のきっかけは
何でしたか?

TOPIC!! マスターベーションか夢精がほとんど! マスターベーション 夢精 性交、他人に刺激されて 覚えていない TOPIC!! マスターベーションか夢精がほとんど! マスターベーション 夢精 性交、他人に刺激されて 覚えていない

年齢が上がるにつれて、初めての射精は「夢精」が多く、「マスターベーション」が少なくなる傾向が見られます。
これは、スマホなどの普及にともない、アダルト情報に触れる年齢が若年化していることが要因と考えられます。
実際に初射精の平均年齢は、60代が13.4歳に対して10代が12.4歳と実に1歳もの差があり、現在の年齢が若い層ほど早い傾向が見られます。
今の若い人々は、夢精によって強制的に放出されるほど精液が溜まる前に、マスターベーションを覚えてしまうのかもしれません。

調査ファイルNo.04 マスターベーションの方法 調査ファイルNo.04 マスターベーションの方法

普段やっている
マスターベーションランキングトップ5

1位手を上下にピストンさせ、ペニスを刺激する95.4% 2位射精の直前に寸止めする10.5% 3位脚をピンと緊張させた状態で行う8.6% 4位ローションを使用する(オナホールを使用する際のローションは除く)6.4% 5位布団や畳、床などにこすりつける6.35% 1位手を上下にピストンさせ、ペニスを刺激する95.4% 2位射精の直前に寸止めする10.5% 3位脚をピンと緊張させた状態で行う8.6% 4位ローションを使用する(オナホールを使用する際のローションは除く)6.4% 5位布団や畳、床などにこすりつける6.35%

少数派

・石鹸を使用
4.2%
・アナルを使用
0.8%
・水流をかける
0.8%
・振動を与える
4.2%
・風を当てる
0.6%
・自分でフェラチオ
0.6%
・その他
2.0%

ここから紐解く
不適切なマスターベーション

~不適切なマスターベーションとは~

腟内環境とはかけ離れた刺激によるマスターベーションのことを指し、「腟内射精障害」の原因の7割に該当するといわれています。
不適切なマスターベーションにあたるものは、床などにペニスを擦りつける(通称:床オナ)、脚をピンとさせた状態で行う(通称:脚ピン)、強く握り過ぎる(強グリップ)、速く動かし過ぎる(高速ピストン)、水流をかける、振動を与える、など多岐に渡ります。

不適切なマスターベーションを
「普通だ」と思っている割合

68.4%脚ピン:脚をピンと緊張させた状態で行う 52.0%床オナ:布団や畳、床などにこすりつける 60.0%水流をかける 42.9%振動を与える 68.4%脚ピン:脚をピンと緊張させた状態で行う 52.0%床オナ:布団や畳、床などにこすりつける 60.0%水流をかける 42.9%振動を与える

普段行う方法は「手でピストンする」が圧倒的多数でした。その他にも多種多様な方法が存在し、男性の快楽追及に対する工夫が感じられます。
注目すべきは「脚をピンとさせた状態で行う(通称:脚ピン)」、「布団や畳、床などにこすりつける(通称:床オナ)」といった方法を、10-30代の10人に1人以上がおこなっている点。これらの方法は、腟の中で射精できない「腟内射精障害」を引き起こす恐れのある、不適切なマスターベーションと医師も警鐘を鳴らしています。
しかもその不適切なマスターベーションを行っている男性の多くは、その方法を「普通だ」と思っており、これは大変危険な状態といえます。

調査ファイルNo.05 マスターベーションとコミュニケーション 調査ファイルNo.05 マスターベーションとコミュニケーション

気軽に相談する相手はいる?

1位そのような相手はいない71.1% 2位同性の友人19.8% 3位恋人/配偶者8.8% 4位学校/職場の同級生/同僚3.8% 5位異性の友人3.6% 1位そのような相手はいない71.1% 2位同性の友人19.8% 3位恋人/配偶者8.8% 4位学校/職場の同級生/同僚3.8% 5位異性の友人3.6%

少数派

・学校/職場の先輩/上司
2.2%
・学校/職場の後輩/部下
1.7%
・兄/弟
0.7%
・学校の先生
0.3%
・その他
0.5%

7割以上の男性が、マスターベーションについて相談できる相手がいません。
これは、ひとつ前のデータで「不適切なマスターベーション」を行っている人の多くが、その方法を「普通だ」と思っている要因の一つといえます。
コミュニケーションをとらないことこそが、不適切なマスターベーションを習慣化させ、腟内射精障害を引き起こす温床となっているのではないでしょうか?
一人で楽しめるマスターベーションだからこそ、リスクには十分注意してもらいたいと思います。

総 括

腟内射精障害の原因の7割は不適切なマスターベーション
適切なマスターベーションの啓発が必要

泌尿器科医 小堀 善友
泌尿器科医小堀 善友

この調査は、世界でも類を見ないマスターベーションに関する調査であり、非常に興味深い結果です。
不妊治療の現場では、腟の中で射精できない、と訴える射精障害の患者さんが増えていますが、その原因の7割は「床オナ」などの不適切なマスターベーションであることが報告されています。
また、日本の腟内射精障害の患者数は、潜在患者も含め約270万人(成人男性の約20人に1人)と推定されています。

注目すべきは、これから子づくりをする若い世代が「床オナ」や「脚ピン」を日常的に行っていることです。また、これらの不適切なマスターベーションの方法を「普通だ」と思っている割合が高い点、7割以上の男性がマスターベーションについて相談できる相手がいない点を考えると、
適切なマスターベーションについての啓発が必要です。
不妊治療の観点からも、マスターベーションの実態を明らかにした本調査結果は有用といえます。

いかがでしたでしょうか。
今回の調査から、マスターベーションの多様性の一端が垣間見えたかと思います。
一人で自由に楽しめるマスターベーションだからこそ、
腟内射精障害などのリスクには十分注意したいところです。
「もしかしたら、自分も…?」と、少しでも気になった方は、

まずはセルフチェックを
受けてみましょう

  • LINEで送る