2021.06.30

勃起薬は早漏にも効く?勃起薬の意外な効果を解説

EDと早漏は、どちらも一般的な性機能障害で、多くの男性が抱える悩みです。EDの治療には、バイアグラなどの勃起薬が有効ですが、この勃起薬が早漏も改善させる可能性があることをご存じでしたか?今回は勃起薬と早漏の関係について、臨床研究の報告を交えながら解説していきます。

目次

早漏の治療薬
EDの治療薬
勃起薬の早漏治療効果
 早漏が改善する理由は不明
早漏対策はトレーニングでも
まとめ:自分にあった方法で早漏対策を

早漏の治療薬

早漏の治療薬は、『プリリジー』という経口薬が有名で、世界50カ国以上で認可されています。しかし日本では未認可で、1錠1,500~5,000円程度と高額、また扱っている医療機関も少ないため、あまり普及はしていません。

<早漏の定義など、詳しくは以下参照>
早漏とは?薬やトレーニングによる改善方法も紹介

EDの治療薬

一方EDの治療薬には、『バイアグラ』『レビトラ』『シアリス』、またこれらのジェネリックが存在し、国内でも多数の医療機関が取り扱っています。これらのED治療薬がEDだけでなく、早漏を改善させる可能性があるということが今回の主題です。

それでは実際の研究報告を見ていきましょう。

勃起薬の早漏改善効果

勃起薬と早漏については多数の研究が行われていますが、今回紹介するのは「バルデナフィル」(代表製品『レビトラ』)に関する報告です[1]。

この研究では、男性が早漏のカップル40組を、バルデナフィル10 mg服用群(VAR群)(30組)とプラセボ服用群(10組)に分け、毎回の性交渉でそれぞれを服用しました。服用期間は8週間で、8週間後に各カップルの膣内挿入時間(膣挿入から射精までの時間)を測定したところ、以下の結果が得られました。

勃起薬での挿入時間の変化

[1]より改変

膣内挿入時間(分)

服用前 8週間後 12週間後(入れ替え4週間後) 8週間での変化量
VAR群 0.6 ± 0.3 4.5 ± 1.1 3.2 ± 1.2 3.8 ± 1.3
プラセボ群 0.7 ± 0.3 0.9 ± 1.0 2.0 ± 0.9 0.2 ± 0.3

比較として、早漏の治療薬『プリリジー』の成分であるダポキセチンの12週間服用による挿入時間の変化は、ダポキセチン30 mgで0.9分→2.8分、60 mgで0.9分→3.3分と報告されています[2]。VAR群では服用開始前と比較して、8週間後の膣内挿入時間が有意に増加(0.6分→4.5分)していることが確認されました。

実験条件に差があるため一概に比較はできませんが、バルデナフィルには早漏改善効果があることが示唆されます。

またこの研究では、8週間の服用後、VAR群とプラセボ群で服用薬を入れ替えて、更に4週間実験が行われました。入れ替えてから4週間後に膣内挿入時間を再計測したところ、プラセボ群(入れ替え後はバルデナフィル10 mg服用)でも、有意な時間延長(0.7分→2.0分)が確認されました。一方、VAR群(入れ替え後はプラセボ薬を服用)では、膣内挿入時間は8週間後の時点からは減少していましたが、服用前と比較すると、依然として有意に延長されていました。

このことから、バルデナフィルは服用後に挿入時間の延長効果が現れ、服用終了後一定期間が経過しても、効果が持続すると言えます。しかしながら、バルデナフィルの半減期(体内で効果が失われるまでの時間)は数時間と言われているため、一定期間経過後も効果が持続した要因は不明です。長い挿入時間を一度体験し、それに慣れたことが一因かもしれません。

勃起薬の服用頻度と挿入時間

[1]より改変

またこの研究では、性交回数がカップル毎に異なるため、8週間での服用数もカップル毎に異なりますが、VAR群では、服用数と8週間時の膣内挿入時間の間に、正の相関が確認されました。

以上をまとめると、バルデナフィル10 mgの服用で、早漏患者の挿入時間は有意に改善し、また服用頻度が高いほど改善効果も高かったということが報告されました。

早漏が改善する理由は不明

今回はバルデナフィル(レビトラ)で行われた研究を紹介しましたが、シルデナフィル(バイアグラ)やタダラフィル(シアリス)といった他の勃起薬でも、早漏改善効果は示唆されています[3,4]。

これらの勃起薬が何故早漏を改善させるかについては、勃起が持続するという心理的な安心感や、硬度増加によって陰茎内の神経に刺激が伝わりづらくなるから、等の理由が考えられますが、改善のメカニズムはまだ明らかになっていません。

勃起薬での早漏治療は、勃起薬の通常の使用方法ではないため、もしこの治療法に興味のある場合は、必ず専門医に相談してから実施するようにしましょう。

<参考>
射精障害克服のために 専門医へのオンライン相談(カウンセリング)はこちらから

早漏対策はトレーニングでも

早漏は治療薬ではなく、トレーニングによって対策することも可能です。トレーニングでは専用アイテムでマスターベーションしながら、骨盤底筋の操作で射精をコントロールする方法を習得することができます。

服薬とは異なり時間と手間を要する一方、一度習得してその方法を忘れなければ、効果は半永久的に持続し、副作用もありません。

早漏トレーニングに興味のある方は、以下から詳しい方法を確認しましょう。

<参考>
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド

まとめ:自分にあった方法で早漏対策を

今回は勃起薬の早漏改善効果について解説しました。実際この方法を試す場合は、専門医に相談のうえ、勃起薬は必ず医療機関で処方されるものを使用しましょう。日本では早漏はあまり疾患として扱われないため、不正確な情報もあふれていますが、適切に実施すれば様々な方法で対処が可能です。ぜひ自分にあった対処方法を見つけて、より良い性生活を手に入れてください。

 

【参考/引用元】
[1]Aversa, Antonio, et al. "Effects of vardenafil administration on intravaginal ejaculatory latency time in men with lifelong premature ejaculation." International Journal of Impotence Research 21.4 (2009): 221-227.
[2]Pryor, Jon L., et al. "Efficacy and tolerability of dapoxetine in treatment of premature ejaculation: an integrated analysis of two double-blind, randomised controlled trials." The lancet 368.9539 (2006): 929-937.
[3]Sun, Yi, et al. "Efficacy of phosphodiesterase-5 inhibitor in men with premature ejaculation: a new systematic review and meta-analysis." Urology 86.5 (2015): 947-955.
[4]Qin, Zhiqiang, et al. "Safety and efficacy characteristics of oral drugs in patients with premature ejaculation: a Bayesian network meta-analysis of randomized controlled trials." International journal of impotence research 31.5 (2019): 356-368.

 

<この記事の監修>
福元メンズヘルスクリニック 院長
福元 和彦(医師)
■泌尿器科医 ■性機能学会専門医 ■抗加齢医学会専門医 ■排尿機能学会認定医
福元メンズヘルスクリニック

「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
早漏トレーニングは専用アイテムで 選び方や使い分けのコツを紹介

RANKING

人気記事ランキング
1
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
2
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
3
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
4
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
5
精液の量(射精量)を簡単に測る方法
6
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド
7
妊活の期間はどれくらい?妊娠するまでの平均期間と妊活開始のタイミングは?
8
シリンジ法まるわかり講座【妊活サポートシリンジパック「Seed in」】
9
早漏とは?薬やトレーニングによる改善方法も紹介
10
幼少からの床オナを克服できた一例