2021.07.01

早漏トレーニングは専用アイテムで 選び方や使い分けのコツを紹介

こんにちは!早漏トレーニングの調子はいかがでしょうか?

早漏トレーニングは、『TIMING TRAINER -KEEP-』『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』という2種類の製品で実施することができますが、どちらを選んだらよいか、迷われてないでしょうか?

今回はそんな方のために、それぞれの製品の特徴や、使い分けの方法などを解説したいと思います。

目次

早漏トレーニングとは
専用品を使うべき理由
2種類の専用品 どちらを使うべき?
 『TIMING TRAINER -KEEP-』の特徴
 『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』の特徴
 両方を組み合わせた使用方法
まとめ:専用品を上手く活用し、継続的なトレーニングを

早漏トレーニングとは

製品を選ぶ前の前提知識として、早漏トレーニングについて簡単に解説します。

早漏トレーニングとは、マスターベーションで寸止めなどを行うことで、射精のコントロール方法を身に着けるトレーニングのことです。

TENGAヘルスケアでは、骨盤底筋を上手く使うことによって、射精のコントロール方法を習得するトレーニングをオススメしています。この方法は、4STEP合計28回のトレーニングで構成されており、STEPを踏むことによって、段々とコントロールのコツを習得することができます。

<参考>
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド

専用アイテムを使うべき理由

この「骨盤底筋を使う早漏トレーニング」は、早漏患者での臨床研究が行われ、7週間のトレーニング前後で、挿入時間が2.69倍に延長されることが報告されました[1]。

この研究は、被験者を「トレーニングにマスターベーションアイテムを使用する群」と「使用しない(手コキ)群」に分けて検討されましたが、前者の方が「挿入時間の延長」が有意に大きいことが報告されました。

この理由を、研究を実施した研究者は、「実際の腟に近い状態でトレーニングすることで、トレーニング効果が高まったのだろう」と予想しました。

これが、早漏トレーニングを手ではなく、専用アイテムを使用して実施するべき理由です。

2種類の専用アイテム どちらを使うべき?

早漏トレーニングの専用アイテムには、『TIMING TRAINER -KEEP-』と『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』の2種類の製品があり、トレーニングはどちらでも可能です。

それぞれの特徴やメリットについて紹介します。

『TIMING TRAINER -KEEP-』の特徴

先に紹介した研究結果を基に、より実際の刺激に近いよう、内部形状や素材の硬度を調整し、トレーニングに最適化した製品が『TIMING TRAINER -KEEP-』です。

『TIMING TRAINER -KEEP-』は繰り返しの使用が可能なので、1回購入すれば、費用を気にせずトレーニングに取り組むことができます(ローションの追加購入は必要です)。

早漏トレーニングでは、トレーニングの完了後も、効果を持続するために、継続的に維持トレーニングを行う必要があります。

この点におていも、繰り返し使用可能な『TIMING TRAINER -KEEP-』を選択するメリットは大きいでしょう。

『TIMING TRAINER -KEEP-』のご購入はコチラ

『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』の特徴

『TIMING TRAINER -KEEP-』と異なり、1回使い捨ての製品が『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』です。

使い捨ての特徴を活かし、刺激強度の異なる5段階のCUPを使い分けられる点が最大の特徴です。

具体的には、トレーニングがどうしても難しいときには刺激を下げ、逆に簡単な場合には強い刺激でトレーニングを実施する、という使い方ができます。

1本の値段は『TIMING TRAINER -KEEP-』より安価ですが、使い捨てなのでトータルでの費用は高くなります。使い捨てで気楽に試せるタイプなので、TENGAやグッズを使用するのが始めての方は、まずはTRAINING CUPから試してみるのも良いでしょう。

『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』のご購入はコチラ

以下に、メリットとデメリットをまとめましたので、参考にしてみてください。

TIMING TRAINER -KEEP- MEN'S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-
メリット ・トータルコストが安い
・追加費用無しで何度もトレーニング可能(ローションのみ必要)
・刺激強度を変えたトレーニングが可能
・使い捨てなので衛生的&洗浄の手間が無い
・1本あたりは安価なので、お試し使用が可能
デメリット ・ローションの追加購入が必要 ・トータルコストが高い

両者を組み合わせた使用方法

さて、2つの製品の特徴を紹介してきましたが、両方の製品を組み合わせてトレーニングすることも可能です。

組み合わせ使用例①

『TIMING TRAINER -KEEP-』の刺激の強さは、『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』のLv.3程度の強さになっています。

もし『TIMING TRAINER -KEEP-』を使用して、「刺激が強くてトレーニングが難しいな」と感じる場合は、刺激の弱いCUPのLv.1やLv.2を試してみるのがオススメです。

逆に、『TIMING TRAINER -KEEP-』が弱く感じたり、たまには違う刺激でトレーニングしたい場合は、刺激の強いCUPのLv.5などを使ってみるのも良いでしょう。

注意として、CUPとTIMING TRAINERでは、陰茎のサイズなどによって、刺激の感じ方に個人差が生じます。色々試してみて、自分に合う製品を見つけるのが良いでしょう。

 

組み合わせ使用例②

早漏トレーニングは筋トレと同様で、トレーニングが完了しても、しばらく何もしていないと効果が落ちてしまいます。

効果維持のために、週1回程度は射精のコントロールを実施するようにしましょう。実際の性交の機会がなければ、『MEN’S TRAINING CUP -KEEP TRAINING-』のLv.5や、『TIMING TRAINER -KEEP-』で維持トレーニングが可能です。

CUPでトレーニングした人でも、維持トレーニングでは、回数を気になくてよい『TIMING TRAINER -KEEP-』を使用するのがオススメです。トレーニング完了後も油断せず、ぜひ末永く維持できるように頑張ってください。

 

組み合わせ使用例③

「いきなり高額の『TIMING TRAINER -KEEP-』は買いづらいな」と思う方や、「TENGAやグッズを使用するのが初めてなので、まずはお試ししたい」と考えている方は、まずはCUPから始めてみるのがオススメです。

使用してみてトレーニングを続けられそうであれば、『TIMING TRAINER -KEEP-』に乗り換えても良いでしょう。

まとめ:専用品を上手く活用し、継続的なトレーニングを

今回は、早漏トレーニングの専用品2種類について、それぞれの特徴やオススメの使い方などを紹介しました。どちらの製品でもトレーニングは可能ですが、ぜひ自分のニーズに合った製品や方法で、早漏トレーニングに取り組んでいきましょう。

【参考/出典元】
[1]Rodríguez, Jesús E., Juan C. Marzo, and José A. Piqueras. "Efficacy of Sphincter Control Training (SCT) in the treatment of premature ejaculation, a new cognitive behavioral approach: A parallel-group randomized, controlled trial." PloS one 14.2 (2019): e0212274.

勃起薬は早漏にも効く?勃起薬の意外な効果を解説
「TIMING TRAINER -KEEP-」を使った早漏トレーニングの挑戦者を募集!

RANKING

人気記事ランキング
1
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
2
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
3
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
4
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
5
精液の量(射精量)を簡単に測る方法
6
勃起の仕組み 勃起力の維持方法と朝立ち(朝勃ち)の意義
7
妊活の期間はどれくらい?妊娠するまでの平均期間と妊活開始のタイミングは?
8
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド
9
シリンジ法まるわかり講座【妊活サポートシリンジパック「Seed in」】
10
妊活中はお酒を控えるべき?飲酒の影響とお酒との付き合い方