2022.12.25

【遅漏トレーナーが語る】ED(勃起障害)と膣内射精障害の深い関係

目次

実はあなたもEDかも?
EDになると膣内射精障害になる?
膣内射精障害改善は、まずED対策が大切
中折れが原因の膣内射精障害にはED薬が有効
 ED薬の購入は医療機関で
EDを克服する方法
 ED対策① 生活習慣の改善
 ED対策② テストステロンを増やす
 ED対策③ リラックスできる環境づくり
まとめ:膣内射精障害の前にまずはED改善から

実はあなたもEDかも?

性行為に何らかの不満があって、その原因が不十分な勃起や勃起を維持できないことにあるとEDの可能性が高いです。あるクリニックの調査〔1〕では、勃起を十分に維持できる頻度が10回中6回以下の成人男性が約950万人(約20%)いると推計しています。実は多くの男性がEDに悩んでおり、その割合は年齢とともに増えています。最近では10代や20代でEDに悩む人もいて、TENGAヘルスケアにも実際に相談があります。

EDになると膣内射精障害になる?

不完全な勃起や勃起を十分に維持できないEDの状態では、そもそも膣内に挿入ができなかったり、挿入は可能でも勃起を十分に維持できなかったりして膣内射精障害になってしまうケースがほとんどです。特に腟内射精障害かもと思っている中高年男性はEDの可能性があります。

膣内射精障害の改善は、まずED対策が大切

ED対策は膣内射精障害の改善に必須です。EDの原因は加齢によるもの、生活習慣によるもの、ストレスによるものなど様々で、これさえやれば大丈夫! という方法がないのが現状です。

中折れが原因の膣内射精障害にはED治療薬が有効

EDによる膣内射精障害では、勃起はできても十分な時間勃起を維持できない、いわゆる中折れが原因のものがあります。この場合にはED治療薬が有効です。オススメのED治療薬は®シアリス(一般名:タダラフィル)です

タダラフィルは効果がマイルドで約36時間と長時間にわたって作用するのが特徴です。膣内射精障害は今日の性行為で射精しないと…という焦りがプレッシャーになるケースが非常に多いので、長時間作用タイプのタダラフィルなら、今日がダメでも明日がある、時間が経ってからもう一度できる! と心に余裕を持つことができます。また効果がマイルドな分、副作用も比較的少ないとされています。

長時間にわたって作用するからといって、一日中勃起しているわけではありませんのでご安心ください。あくまでも性的な興奮や刺激があるときに、勃起しやすくなります。

ED薬の購入は医療機関で

ED治療薬を購入する際は必ず医療機関を受診するようにしてください。現在の症状、服用している薬によってはED治療薬を使用できないケースもあります。服用にあたって、注意事項があるので医療機関から説明を受けることを強く勧めます。ECサイトなどで個人輸入として安く買えることを宣伝している広告がありますが、個人輸入は偽物が含まれている可能性があったり、副作用が起きても自己責任で救済措置を受けられなかったりしますので、控えたほうがよいです。

EDを克服する方法

ED治療薬による中折れ対策は膣内射精障害の1つの改善策ですが、根本的にEDを治すわけではありません。また、できれば薬を使わないで治したいという人もいると思います。ここからは筆者のもとにきたED相談のうち、薬を使わなくても実際に効果があったED対策を紹介します。

ED対策① 生活習慣の改善

生活習慣の改善はED対策には必須です。例えば喫煙、肥満、運動不足などはEDのリスクファクターとして広く知られています〔2〕。7~8時間の十分な睡眠、食生活の改善、筋トレをはじめとした運動習慣などはED対策に効果があります。生活習慣を改善するコツはできるところから無理のない範囲ではじめることです。

ED対策② テストステロンを増やす

男性ホルモンであるテストステロンは20歳前後をピークに、その後は年齢とともに減少していきます。テストステロンの減少により、勃起能力が低下したり、性欲が減退したりすることが知られています。そのため、テストステロンを増やすことはED対策の中でも重要です。

テストステロンを増やすために、今すぐに始めたほうがよいものを紹介します。それはスクワットや腕立て伏せなどの筋トレと十分な睡眠です。筋トレは継続して行うとテストステロンが高まることが知られています。特にスクワットは性行為でも重要な下半身を鍛えることができるのでオススメです。

テストステロンは寝ている間に回復するため、十分な睡眠を確保することもテストステロンの低下を防いでくれます。また寝る時間も重要と言われており、夜十二時までには寝たほうがよいです。

他にもテストステロンを補充する塗り薬やテストステロン増加を目的としたサプリメントを使用するのもよいです。薬を使用する場合には薬剤師からの説明を受けるようにしましょう。サプリメントは効果に個人差があるので、1ヵ月ほど摂取してみて効果がなければやめる、効果があれば続けるなど、ある程度の期間をもって使用継続を判断するとよいです。

〈参考〉 テストステロンが減少すると、男性更年期障害?

〈おすすめアイテム〉

活力支援 サプリメント

ED対策③ リラックスできる環境づくり

不安、緊張、プレッシャーなどの精神的なストレスは性行為での勃起能力を低下させることが知られています。そのため、性行為のときにはリラックスできる環境を整えるとよいです。例えば、普段から自分がリラックスできるアロマを調べておいて、性行為のときにはその香りを腕につけて嗅ぐようにすると効果的です。他にもお風呂にゆっくりつかってから性行為を行うなどもリラックス効果が期待できます。アロマはパートナーの好みも知っておいて、ディフューザーを活用すると雰囲気もよくなり、リラックスかつより性的な興奮も得られるので試してみてはいかがでしょうか。

〈おすすめアイテム〉

ボディミスト

まとめ:膣内射精障害の前にまずはED改善から

膣内射精障害を改善するには、最初に十分な勃起ができるか、勃起を維持できるかを自分で調べてみることが大切です。もしもEDで勃起が難しいようでしたら、上記のED対策を参考にまずはできるところから始めてみてください。そしてEDに対処ができるようになったら膣内射精障害の改善をスタートさせていきましょう。

【参考文献】
〔1〕浜松町第一クリニック EDとは
〔2〕性機能学会「ED治療ガイドライン」

 

<この記事の監修>
福元メンズヘルスクリニック 院長
福元 和彦(医師)
■泌尿器科医 ■性機能学会専門医 ■抗加齢医学会専門医 ■排尿機能学会認定医
福元メンズヘルスクリニック

 

赤木達人 遅漏 ゴリ太郎

〈著者プロフィール〉
TENGAヘルスケア専属遅漏改善トレーナー
赤木達人(あかぎたつと)
昭和62年生まれ。中高一貫の男子校出身で、共学を目指して薬学部に進学。大学院で初めての恋人ができたが、一度も膣内射精ができないまま別れることに。社会人になってからも、どの恋人にも膣内射精ができず、自分が重度の遅漏(膣内射精障害)であることに気づく。結婚後に自力で膣内射精障害を克服した経験から、膣内射精障害をはじめとした男性の性機能障害についてYoutube・note・Twitterなどで「ゴリ太郎」という名前で情報発信を行っている。3児の父。

【床オナ解説&改善】1週間から始める床オナ卒業
男性性機能に効果がある漢方薬

RANKING

人気記事ランキング
1
男性のマスターベーション(オナニー)の適切な方法
2
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
3
オナ禁(禁欲)の真実 男性のオナ禁の良し悪しを解説
4
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
5
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
6
膀胱炎とセックス セックスでの膀胱炎の予防法を紹介
7
ペニスのサイズはどれくらい?TENGA社内で測ってみた
8
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
9
なぜ乳首は感じるのか ~脳の活動(体性感覚野)編~
10
セルフフェラを考える 自分でフェラをすると気持ち良いのか?