妊活中はお酒を控えるべき?知っておきたい飲酒の影響とお酒との付き合い方

CM広告などで「妊娠中や授乳期はお酒を控えましょう」、という言葉をよく目にします。妊娠中の女性の飲酒は、胎児の健康被害の原因になる可能性があり、注意する必要があります。では妊活中はどうなのでしょうか?妊活では女性だけでなく、男性の飲酒も影響するのでしょうか?影響するとしたら、どの程度影響するのでしょうか?この記事では、飲酒がもたらす妊活への影響について解説します。「お酒が好き!」という方は特に、ぜひ適切な知識を持って妊活に取り組みましょう。

目次

妊活中のお酒の影響・女性編
 女性の適量の飲酒は妊活に影響しない
 どれくらいの飲酒量なら問題ない?
 いつまでなら飲酒しても大丈夫?
妊活中のお酒の影響・男性編
 男性の飲酒は妊活にほぼ影響しない
 どれくらいの飲酒量なら問題ない?
 いつまでなら飲酒しても大丈夫?
妊活中のお酒による、意外な影響
 お酒によるED!!膣内射精障害!!
 お酒によるカップルのコミュニケーション
まとめ:妊活中のお酒は“適度に”を心掛けよう

妊活中のお酒の影響・女性編

女性の飲酒

ではまず、女性側の飲酒の影響を見ていきましょう。

女性の適量の飲酒は妊活に影響しない

意外に感じるかもしれませんが、適量であれば飲酒が妊娠率に影響することは少ない、とh報告されています。デンマークのオーフス大学の研究では、不妊治療を受けていない妊活中の女性(21~45歳、6,120人)の飲酒量と妊娠の有無について調査が行われ、その結果飲酒によって妊娠率が低下するという明らかな結果は示されませんでした[1]。

どれくらいの飲酒量なら問題ない?

先のデンマークの研究では、週14単位未満の飲酒であれば、妊娠力の低下は確認されませんでした。ちなみに1単位の量は、お酒の種類によって変化しますので、下記を参考にしてください。 週14単位(未満)だと、ビールで約14杯(未満)となり、1日1~2杯程度の量になります。妊活中の飲酒では、この辺りの量を目安にしましょう。

<1単位の量>

  • ビール330ml(缶で1杯)
  • ワイン120ml(グラスで1杯)
  • 蒸留酒(ウイスキーなど)20ml

いつまでなら飲酒しても大丈夫?

上記のように、1日1~2杯程度の飲酒であれば、妊活に大きな影響はないことが分かりました。ただし、妊娠中の飲酒が胎児に悪影響を及ぼす可能性があることは明らかで、また妊娠初期は自分が妊娠しているか、ハッキリ分からないことがほとんどです。ですので、排卵期や、妊娠した可能性が少しでもあるときは、お酒は控えた方が賢明です。

ただ、妊活中のストレスは妊娠を妨げる大きな要因となるため、なるべくストレスを抱えず、リラックスした生活を心がけることが大切です。ですので、少量の飲酒がストレス発散になる、もしくは禁酒すること自体が過剰なストレスになる場合は、一概に飲酒を控えるべきだとは言えないかもしれません。

妊活中の飲酒については、医療機関によっても意見が分かれるので、通院している場合は、医師に相談してみるのが良いでしょう。

妊活中のお酒の影響・男性編

男性の飲酒

妊活と言えば女性に目が向きがちですが、男性の飲酒も妊活に影響するのでしょうか?

男性の飲酒は妊娠にほぼ影響しない

男性の飲酒の影響については、デンマークと北米の不妊治療を受けていない妊活中の男性2,679名に対し、飲酒量と妊娠の有無についての調査が行われました。この研究では、男性の飲酒は、適量であれば妊娠率に影響しないことが報告されました[2]。

どれくらいの飲酒量なら問題ない?

上記の研究では、女性の研究と同様、

  • ビール330ml(缶で1杯)
  • ワイン120ml(グラスで1杯)
  • 蒸留酒(ウイスキーなど)20ml

を1単位として、週の飲酒単位毎の妊娠率が確認されています。その結果、男性の場合、週に14単位以上飲酒しても、妊娠率の低下は確認されませんでした。

ただし、この調査対象の内、週14単位以上の飲酒があった人数は少なかったため、週14単位以上の飲酒の影響については、「はっきりしない部分がある」という意見もあります[3]。

どちらにせよ、過度な飲酒は妊活に限らず、様々な健康被害に繋がります。日頃から、適量を心がけることが大切です。

いつまでなら飲酒しても大丈夫?

女性と異なり、男性が妊娠することはありませんので、いつまでなら飲酒しても大丈夫、といった制約はありません。ただし、女性は妊娠中、お酒を控えなくてはいけなくなりますので、その点はしっかりと心に留めたうえで、行動されると良いでしょう。

妊活中のお酒による、意外な影響

ここまでは男女別に、飲酒の妊娠率への影響を見てきました。結論として、男女共に適度な飲酒であれば大きな問題はないと言えますが、飲酒が妊活の過程に様々な影響を及ぼすことはあります。時には役立つ場合もありますので、飲酒のメリットとデメリットを理解した上で、上手く取り入れてみましょう。

お酒によるED!!膣内射精障害!!

妊活中の世代の男性なら、セックスでED(勃起が不十分)や膣内射精障害(膣内で射精できない)の経験がある方も多いのではないでしょうか?タイミング法含め、自然妊娠を目指した妊活の場合、セックスで膣内射精をする必要があるため、EDや膣内射精障害は妊活の妨げとなります。 

そして「お酒を飲むと勃起や射精の感覚が変わるんだよな」と、感じている方も多いのではないでしょうか?

実はこの感覚は正解で、飲酒が勃起や射精に影響することは、解剖学・神経科学的にも明らかになっています。ヒトには自律神経というものがあり、この自律神経には、交感神経が優位(活発)になる状態と、副交感神経が優位(活発)になる状態の、2種類の状態があります。一般的に「交感神経が優位」=「緊張」、「副交感神経が優位」=「リラックス」という状態なのですが、勃起には副交感神経の働きが必要で、一方射精には交感神経の働きが必要と言われています。

少量のお酒にはリラックス効果があるため、勃起には有利になりますが、アルコールが自律神経の切り替えに影響する場合があるため、この状態から緊張に切り替えられないと、射精できずに終わってしまいます。また多量の飲酒をすると、勃起すらままならない場合もあるでしょう。

もし、飲酒による勃起や射精具合の変化について自覚がある場合は、セックスする日は飲酒量やタイミングに気を付けましょう。

お酒によるカップルのコミュニケーション

妊活をスムーズに進めるためには、男女の協力が不可欠です。かつては女性ばかりに目線が行ってましたが、不妊の半分のケースで、精子の質など男性にも原因があることが分かっています。そのため妊活では、男女が足並みを揃えて、協力して取り組むことが大切です。片方ばかりが頑張っていると、不公平感などからギクシャクしてしまうこともあるでしょう。

そのような事態を避けるためにも、適切に状況を共有し、二人で共通認識を持って妊活を進める必要があります。ただ、特にセックスに関する話題は、何だか気が引けたり恥ずかしかったりして、なかなか上手く話せない人も多いでしょう。そのような場合は、お酒の力でコミュニケーションを図るのも良いかもしれません。

とにかく、二人で協力して妊活に取り組むことが大切です。

まとめ:妊活中のお酒は“適度に”を心掛けよう

今回見てきたように、男女共に妊活中の飲酒は、適度な量であればそれほど心配ないことが分かりました。もちろんストレスにならないのであれば、禁酒することに越したことはありませんが、つい会社の飲み会に参加してしまったり、自宅でうっかり飲んでしまったりしたとしても、あまり自分や相手を責めすぎないようにしましょう。お酒とも上手く付き合いながら、二人で協力して、妊活に取り組んでいってください。

【参考/出典元】
[1]Mikkelsen, Ellen M., et al. "Alcohol consumption and fecundability: prospective Danish cohort study." bmj 354 (2016).
[2]Høyer, S., et al. "Male alcohol consumption and fecundability." Human Reproduction 35.4 (2020): 816-825.
[3]亀田IVFクリニック幕張 男性のアルコール消費と妊娠のしやすさとの関連性

男性不妊とは?男性不妊症の原因や対処法などの基礎知識
妊活の基本、タイミング法!妊娠しやすい日に適切な妊活を

RANKING

人気記事ランキング
1
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
2
精液の量(射精量)を簡単に測る方法
3
シリンジ法まるわかり講座【妊活サポートシリンジパック「Seed in」】
4
メンズトレーニングカップ トレーニングガイド(早漏トレーニング編)
2021.05.26
5
幼少からの床オナを克服できた一例
6
妊活の期間はどれくらい?妊娠するまでの平均期間と妊活開始のタイミングは?
7
妊活のためのセックス・タイミング法がしんどい。そんなときに助けてくれるシリンジ法とは?
8
精子(精液)は温度に弱い? 精子にとって快適な環境や温度は何度?
9
シニアは恋愛や性についてどう考えているのかー「エイジングと性」実態調査ー
2021.05.26
10
専門医に聞く、新型コロナと妊活⑥ 妊活延期を決めたとき、今できることはなに?/再開はいつから準備すればいい?