2023.04.26

【体験談】早漏と相性抜群のグッズ!SVRでセックスの体験UP

目次

早漏でお悩みの9割弱が「パートナーを満足させられているか心配」
「パートナーに満足してもらう」超便利グッズSVRのご紹介
 おすすめポイント①前戯で大活躍!
 おすすめポイント②挿入でも大活躍!
 おすすめポイント③デザインが良くて、自然な感じで出せる!
 おすすめポイント④ピストンをしなくても、パートナーが気持ちよくなれる!
使用体験談 早漏男性(筆者)がSVRを使ってみた
まとめ

早漏でお悩みの9割弱が「パートナーを満足させられているか心配」

こんにちは、TENGAヘルスケアの井上です。私は極度の早漏ではないのですが、これまで早さで悩むことが多々ありました。

早漏で悩む理由は人それぞれだと思いますが、私の場合「パートナーを満足させられているか」という点がとても不安で、一番の悩みでした。挿入して、せっかく盛り上がってきているのに、股間は一足お先にゴールを迎えようとしている。盛り上がってる相手を無視して腰振りを止めるわけにはいかず、そのまま射精してしまう。こんな状況は、早漏で悩んでいる方にとっては“あるある”だと思います。

TENGAヘルスケアが2019年に行った調査によると、「自身の挿入時間が原因で、相手が満足していないか心配しているか?」という質問に対し、自身を早漏だと考えている男性の85.8%が「心配している」と回答しました。早漏の人の大半は「相手を満足させられないことを悩んでいるor心配している」ということになります。

今回は、そんな早漏のお悩みにジャストフィットし、セックスでパートナーを満足させられる超便利グッズを紹介します。早漏の私自身も愛用し、自信を持ってオススメしますので、ぜひ最後までご覧ください。

「パートナーに満足してもらう」超便利グッズSVRのご紹介

挿入時間を伸ばしつつ、二人で楽しめる便利グッズ「SVR」をご紹介します。

SVR TENGA

SVRはシリーズ累計売上20万個を突破している、カップル向けのプレジャーグッズです。振動するバイブ部分は5段階の強弱振動と2種類のリズム振動があり、好みの振動を使用しながら探すことができます。

また、リング部分を手やペニスにはめて使用することで、通常の振動タイプのグッズとは一味違った使い方を楽しめます!そんな便利グッズ、SVRのおすすめポイントを紹介していきます。

おすすめポイント①前戯で大活躍!

SVRは振動するバイブ部分とリング部分を使うことで、前戯から色々な使い方が可能です。以下のようにリングを手にはめることで、前戯の段階から使用することができます。

手に振動が伝わり、指を入れながらクリトリスを一緒に刺激することが可能です。SVRシリーズのバイブは、本体が暴れるような粗い振動ではなく、内部からキメの細かい振動を色々なパターンで選べるため、気持ちいいところにちょうど当てることができます。振動は5パターンあるので、その中から一番反応の良いパターンを前戯の段階で探すのがおすすめです。

おすすめポイント②挿入でも大活躍!

はじめにご紹介した通り、SVRは前戯だけでなく、挿入の際にも使用することができます。挿入時の使用方法はこんな感じです。

ペニスの根元に装着し、ボタンをON。触ってみると、ペニスがうっすら振動していることが分かります。

このまま挿入をすると、振動しているバイブ部分がちょうどクリトリスに当たって、挿入と振動のダブルで快感が得られるという寸法です。挿入時に使用できるのは、二人で一緒に気持ちよくなっている感覚があり、パートナーからしても気兼ねが無いのは良いですよね。

おすすめポイント③デザインが良くて、自然な感じで出せる!

デザイン性の良さや色々なカラーバリエーションがあるため、お互いの気持ちが萎えず、自然な流れで取り出すことができます。

そして、何より女性ユーザーからの評価がとても高いのも特徴の一つです。過去実施したモニターアンケートでは、デザインについて以下のようなお声を頂いています。

SVR 早漏

おすすめポイント④ピストンをしなくても、パートナーが気持ちよくなれる!

これが早漏の方に最もおすすめするポイント!ペニスに装着して使用することで、ピストンをせずともパートナーが気持ちよくなれるんです。早漏の自分には、ここが本当に革命的でした。

詳しくは、以下の体験談でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

使用体験談 早漏男性(筆者)がSVRを使ってみた

私も早速、パートナーとのセックスで使用してみました。

カップルでのグッズ使用は初めてだったので、パートナーに受け入れてもらえるか少し不安だったのですが、「ジャーン!」という感じで出して、「一緒に使いたくて」と伝えると、パートナーも意外とすんなりと受け入れてくれました。

まずは前戯で、振動を一番弱い状態にして、パートナーの胸から腰あたりをなぞるように使用してみました。パートナーの反応は、普段の前戯とはまったくちがうものでした。グッと押し当てるのではなく、ちょっと浮かしながら当てるイメージで動かすと一番良い反応を得られました。

次に、リングを指にはめて、指を腟に挿入しながら、振動するSVRをクリトリスに当てる使い方をしてみました。内部の気持ちよい箇所(いわゆるGスポット)と、クリトリスを同時に攻める形です。この時のパートナーの反応は更に良く、SVRをクリトリスに当てている時よりも、更に強い快感を得られているようでした。パートナーは、普段膣内の刺激ではあまり感じないのですが、クリトリスも同時に刺激することで、膣内でも徐々に快感を得られるようになっている様子でした。(自社商品ですが、こんな使い方ができるなんてスゴイ!!!)

前戯もかなり良い感じに進み、いよいよ挿入です。前述の通り、SVRのリングを自分のペニスに通した際に、ふとイヤな予感がしました。

「この振動に、自分のペニスが耐えられるのか...?」

普段から早漏な自分では、SVRの振動+挿入の刺激であっという間に射精してしまうのではないかと不安になりました。不安を抱えつつ、リングをペニスに装着。振動をONにすると、

(なにも感じない...?)

元々の不安とは裏腹に、振動によるペニスへの刺激はほぼ皆無でした。震えていることは分かるのですが、それが射精に繋がる刺激ではまったく無く、本当にただ震えているだけ、という印象でした。振動を強い状態にしても、ペニスへの刺激は変わらず、(この振動で射精感がこみ上げてくることは無さそうだ)と内心ホッとしていました。

不安が杞憂に終わり、正常位で挿入をすると、これまたパートナーの反応が普段と明らかに異なりました。ピストンをせず、体を密着させて挿入をしているだけで、振動によってクリトリスが上手く刺激され、ものの数分でオーガズムに達していました。

普段、正常位でピストンをしていると射精感が高まりやすく、そのまま射精してしまうことも少なくなかったのですが、ピストンをしていないせいか、正常位の段階でまったく射精感が無く、次の体位に余裕を持って移ることができました。

私は普段、セックスの一つ目の体位が正常位なのですが、挿入してピストンすると、すぐに射精感が高まり、一つ目の体位なのにそのまま射精してしまうことが多々ありました。しかし、SVRを使うと、上記の通りピストンを殆どしなくて良いので、射精感を殆ど高めずに、次の体位に余裕を持って移ることができました。できる体位が少ないことは、早漏の皆さんが悩む点だと思いますので、その解決にもSVRはオススメできます。

その後、振動を切らずにそのまま騎乗位へ。体勢を変えてパートナーが上位になり挿入、となった時、亀頭が入ったぐらいで「待って、気持ちよすぎてこれ以上挿入できない」と言われ、その体勢のまま少し止まってしまいました。SVRの振動は、バイブ部分だけでなくペニスにも伝わっているため、中にも振動が伝わり、そのような感想が漏れたのだと思います。

SVRは騎乗位とも相性が良く、女性側がSVRが丁度良く当たるように、姿勢を調整することができます。自分とパートナーの場合、騎乗位の状態からパートナーが前方に倒れ込み、抱き合う姿勢で密着すると、ちょうど良いところに当たるようでした。この時も、正常位と同様ピストンは殆どしていないので、まだまだ射精まで余裕がありました。

最後は後背位に移行し、そこで射精して終了しました。終わった後、パートナーから「今までで一番気持ちよかった」という感想を貰えて、僕もだよと返したのですが、「ううん、今までのセックスの中で一番気持ちよかった」と改めて言い直され、涙を流しながら空を見上げ、普段より美しい夕日を眺めることができました。

まとめ

早漏の自分がSVRを使うことで、結果的に挿入の時間を延ばしつつ、パートナーにも満足してもらうことができました。この喜びと発見を、早漏でお悩みの皆さまにもぜひ感じていただきたく、今回記事にしました。

早漏でお悩みの方の大半は「パートナーを満足させられているか」を心配しています。しかし、腰を振るだけがセックスでパートナーを満足させる方法ではありません。自分とパートナーのより良いセックスのために、SVRのようなグッズの力を借りるのも一つの手です。ふたりの夜を、より深く、より刺激的に。震えるほどの快感コミュニケーションを、ぜひ体感してみてください!

【筆者 井上おすすめのSVR紹介記事】

TENGA SVR 使ってみたレポ

カナメキヌコさんによるSVRの紹介が、面白くてエロくて分かりやすい!絵がかわいい!

 

\購入はこちらから/

SVR TENGA

 

<著者プロフィール>
TENGAヘルスケア 井上 貴夫(いのうえ たかお)
平成5年生まれ。2021年に株式会社TENGAヘルスケアへ入社、TENGAヘルスケア製品の営業や製品の開発・サービス周辺(早漏・遅漏関連)を担当。
みなさんのお悩みを少しでも軽くできるような情報・サービスを発信していきます!ご要望やアイディアはメールでお知らせください。

フルボ酸を含むシラジット 男性妊活への効果 
【基礎&実践】女性の骨盤底筋トレーニング(骨盤底筋体操、ケーゲル体操)