2022.11.17

早漏防止に塗り薬!?~早漏改善の選択肢に~ 

「早漏」は多くの男性の悩みの一つで、様々な解決策が存在します。

その中に、「早漏防止の塗り薬」という選択肢があります。ペニスに直に塗りこむことで、局所麻酔成分による挿入時間の延長効果が期待できます。

今回は、塗り薬で早漏が改善する仕組みや、使用の注意点を解説します。早漏改善の選択肢の一つとして、参考にしてください。

こちらの記事はこんな方にオススメです。
〇早漏に悩んでいる
〇早漏を治したいが内服薬は苦手だ
〇早漏防止の塗り薬に興味がある

今回は、早漏防止の選択肢の1つとして、塗り薬を紹介しますが、他の方法を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

〈参考〉 早漏の改善・対策・防止方法おすすめ4選

目次

早漏防止の塗り薬で挿入時間が延びる仕組み
早漏防止の塗り薬の種類
早漏防止の塗り薬の注意点
 注意点①しっかり洗い流そう
 注意点②正規のルートで安全に入手しよう
 注意点③早漏の根本的な解決策ではない
局所麻酔の作用は性交痛対策にも役立つ!?
まとめ:早漏防止塗り薬は注意点を守って試してみよう

早漏防止の塗り薬で挿入時間が延びる仕組み

早漏防止の塗り薬は、直接ペニスの亀頭や亀頭冠(カリ)、裏筋などに塗りこみます。

早漏防止の塗り薬には、「局所麻酔成分」が配合されていて、ペニスに塗ると亀頭の感覚を鈍化させます。この麻痺効果のおかげで、快感が高まりづらくなり、挿入時間の延長が期待できるというわけです。

早漏 塗り薬

早漏防止の塗り薬の種類

早漏防止の塗り薬には、様々な製品があります。 塗って使用するクリームタイプやジェルタイプ、噴射して使用するスプレータイプがよく見られます。

早漏 薬 種類

〈参考〉 早漏に効く薬 トノス公式サイト

トノス 早漏

早漏防止の塗り薬の注意点

ここからは、早漏用塗り薬として国内で唯一承認されている『トノス』の注意点を見ていきます。トラブルが起きないよう、使用には細心の注意を払いましょう。

注意点①しっかり洗い流そう

塗り薬をペニスに塗ったら、指定の時間放置して麻酔成分を浸透させます。塗った箇所は、性行為の前に洗い流すかふき取るように指示されていますが、万が一拭き取りが不十分だと、相手の膣や身体に付着してしまいます。コンドームを使用し、相手に成分が移らないよう注意しましょう。

注意点②正規のルートで安全に入手しよう

『トノス』は医薬品なので、信頼できるルートで購入しましょう。以下のサイトから販売している薬局の検索ができます。薬局であれば、必要に応じて薬剤師にも相談してみると良いでしょう。また、通販でも購入できます。

〈参考〉 トノス取扱販売店・薬局
             「トノス」の公式通販サイトについて

一方、『トノス』以外の塗り薬(国内未承認品)は、インターネットを通じて個人輸入することになります。未承認品は健康リスクもあるため、オススメはできません。ご自身とパートナーに健康被害が出ないよう、くれぐれも注意してください。

注意点③早漏の根本的な解決策ではない

麻酔効果は一時的なものなので、早漏の根本的な改善にはなりません。

また、効果には個人差があります。

早漏防止の塗り薬を使用した、TENGAヘルスケアの社員の体験談も、ぜひ参考にしてください。

〈参考〉 【早漏防止】塗り薬の体験談を、TENGA社員に聞いてみた

局所麻酔の作用は性交痛対策にも役立つ?

局所麻酔と聞くと、「女性の性交痛対策になるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、性交痛対策用として認可されている局所麻酔薬は存在しません。

性交痛で悩んでいる方は、TENGAヘルスケアのモイストケアジェルを試してみませんか。

モイストケアジェルは​​潤滑ゼリー(ジェル)業界初の医薬部外品で肌に優しい処方です。自然なうるおいが長時間長持ちして、べたつかず、いやなにおいもありません。​​ぜひパートナーと話し合って、お互いが楽しめる性生活を目指してください。

〈参考〉 性交痛緩和にモイストケアジェル/TENGAヘルスケア

MOISTCAREGEL 性交痛 潤滑

まとめ:早漏防止塗り薬は注意点を守って試してみよう

早漏防止の手段として、局所麻酔成分配合の塗り薬について紹介しました。

早漏に悩んでいる方の選択肢の1つとして、注意点をしっかり守って試してください。

早漏の悩みに上手く対応できると、カップルの性生活の満足度は上がることでしょう。多くのカップルの快適な性生活を応援しています。

 

〈参考/出典元〉

[1]リドカインの有効性と忍容性生涯早期射精患者の治療における5%スプレー:無作為化単一盲検プラセボ対照臨床試験 2020/01/02

 

<この記事の監修>
福元メンズヘルスクリニック 院長
福元 和彦(医師)
■泌尿器科医 ■性機能学会専門医 ■抗加齢医学会専門医 ■排尿機能学会認定医
福元メンズヘルスクリニック



福田眞央 TENGAヘルスケア
<著者プロフィール>
TENGAヘルスケア 教育事業部スタッフ
福田 眞央(ふくだ まお)
平成6年生まれ。保健体育科教員として高等学校に勤めた後に大学院に入り、ジェンダー学・性教育を専攻。2021年より株式会社TENGAヘルスケアにスタッフとして携わり、主に性教育WEBサイト「セイシル」を活用した教材作成に取り組む。
みなさんの心と身体の健康をサポートできるような情報を発信していきます!

ペニスの専門医に聴く、早漏と包茎の関係性
【早漏防止】塗り薬の体験談を、TENGA社員に聞いてみた 

RANKING

人気記事ランキング
1
男性のマスターベーション(オナニー)の適切な方法
2
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
3
オナ禁(禁欲)の真実 男性のオナ禁の良し悪しを解説
4
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
5
ペニスのサイズはどれくらい?TENGA社内で測ってみた
6
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
7
膀胱炎とセックス セックスでの膀胱炎の予防法を紹介
8
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
9
セルフフェラを考える 自分でフェラをすると気持ち良いのか?
10
【総論】早漏トレーニングとは?実践前の確認・まとめ