2022.05.06

男性のマスターベーション(オナニー)の適切な方法

注)「ちつ」の解剖学的に正しい表記は「腟」ですが、この記事では一般的な表記である「膣」を使用します。
多くの男性が行うマスターベーション。しかし、マスターベーションの方法について指導を受けた男性は殆ど居ないでしょう。マスターベーションは他人と比べられないので、自分の方法が適切なのか、不安になるものです。今回は、男性が普段から心掛けたい適切なマスターベーションの方法を解説します。

目次

適切なマスターベーション(オナニー)の定義
男性の不適切なマスターベーション(オナニー)の方法
男性の適切なマスターベーション(オナニー)の方法
 ①やさしく握る
 ②ゆっくり動かす
 ③体はリラックス
 ④包皮はなるべく剥いて行う
 ⑤刺激の強いオカズは避ける
更に実際のセックスに近い、男性のマスターベーション(オナニー)の方法
 ⑥メンズトレーニングカップを使用する
 ⑦腰を振って行う
 ⑧潤滑剤を使用する
 ⑨コンドームを使用する
まとめ:マスターベーション(オナニー)は日々の積み重ね

適切なマスターベーション(オナニー)の定義

まず初めに、適切なマスターベーションとは、「ED(勃起障害)や膣内射精障害などの原因にならないマスターベーション」であると定義します。

特に若い男性は、あの手この手で気持ちの良いマスターベーションを追求するものですが、行き過ぎるとEDや膣内射精障害になり、後々後悔することになります。適切なマスターベーションを心掛けることは、自分とパートナーの性生活を守ることに繋がります。

男性の不適切なマスターベーション(オナニー)の方法

適切な方法を解説する前に、まずは不適切な方法から解説します。不適切なマスターベーションとは、実際の性交とはかけ離れた刺激やシチュエーションによるマスターベーションです。

<代表的な不適切なマスターベーション>

  • 強グリップ
  • 高速ピストン
  • 脚ピン
  • 床オナ
  • 振動オナニー
  • 皮オナ
  • 水流オナニー
  • 刺激の強すぎるオカズ

<参考>
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)

これら不適切なマスターベーションに慣れてしまうと、膣の刺激で射精できなくなったり、普通のセックスでは興奮できなくなったり、十分な勃起ができなくなったりします。

男性の適切なマスターベーション(オナニー)の方法

適切なマスターベーションの方法は、上で紹介した不適切な方法とは逆のやり方となります。なるべく心掛けたい①~⑤と、できると更に良い⑥~⑨を紹介します。

①やさしく握る

陰茎には、強い圧力を加えないことが重要です。みかんを握る程度の力を心掛けましょう。

オナニー 男 適切なマスターベーション

②ゆっくり動かす

セックスと同等以下のスピードで動かしましょう。ゆっくり動かしても気持ちよくなれるようにしましょう。

オナニー 男 適切なマスターベーション

③体はリラックス

全身、特に脚に力を入れないようにしましょう。脚ピンの癖がある人は、あぐらでできるようにしましょう。

オナニー 男 適切なマスターベーション

④包皮はなるべく剥いて行う

包皮はなるべく剥いた状態で行いましょう。包皮をカリ上でスライドさせる動きは、実際の膣挿入では再現できないからです。また、皮越しだと強く刺激することができるため、強グリップになりがちです。

⑤刺激の強いオカズは避ける

刺激の強いオカズばかりでマスターベーションしていると、実際のセックスでの刺激では物足りなくなってしまいます。刺激の強すぎる動画や画像などは控え、オカズは想像だけで、できればパートナーの想像で射精までできればベストです。

オナニー 男 適切なマスターベーション

更に実際のセックスに近い、男性のマスターベーション(オナニー)の方法

ここからは、更に実際の刺激に近い、マスターベーションの方法を紹介します。特に、遅漏や膣内射精障害の心配がある方はチェックしましょう。

⑥メンズトレーニングカップ レベル05を使用する

グッズを使えば、より膣での刺激に近づけることができます。特に、メンズトレーニングカップのレベル05は非常に刺激がマイルドで、これで射精ができるかどうかを、膣の刺激で射精できるかの基準にすることができます。

メンズトレーニングカップ フィニッシュトレーニング Lv.5

⑦腰を振って行う

手によるマスターベーションと実際のセックスとの大きな差は、腰を振るかどうかです。手では弱い刺激で射精できても、実際のセックスで射精できない場合、腰の振り方に原因があるかもしれません。

腰振りでマスターベーションを行う場合、上記のメンズトレーニングカップ05を使用するのがオススメです。カップを枕やクッションに固定したり、固定グッズにハメて、腰を振ることができます。

毎回腰を振る必要はありませんが、腰を振っても気持ちよくなれる状態を維持しましょう。

腰振り 適切なマスターベーション

<参考>
腰振りに便利なCUP固定グッズ

⑧潤滑剤を使用する

潤滑剤で滑りを良くすることで、実際の膣の刺激に近づけることができます。

潤滑剤には、モイストケアジェルがオススメです。大半のローションは、膣の分泌液よりも粘度が高いのですが、モイストケアジェルは膣液に近いサラっとした粘度に調整されています。また、拭き取りも非常に簡単で周囲を汚すこともありません。

<参考>
『モイストケアジェル』グリチルリチン酸2K配合で炎症を抑え、体にもやさしいうるおいを

⑨コンドームを使用する

普段のセックスでコンドームを使用している場合、マスターベーションでもコンドームを使用すると、実際のセックスに刺激が近づきます。コンドームを装着すると、手では摩擦が大きすぎて上手く動かせなくなるため、前述のメンズトレーニングカップ05や、モイストケアジェルを使用して、やさしく刺激しましょう。

まとめ:マスターベーション(オナニー)は日々の積み重ね

気持ち良くなることは、マスターベーションの重要な要素です。しかしそれを追求するあまり、適度な刺激では快感を得られなくなり、後々後悔する人も少なくありません。不適切なマスターベーションは麻薬と同じです。ぜひ、適切なマスターベーションというルールの範囲で、日々のマスターベーションライフを楽しみましょう。

 

<この記事の監修>
福元メンズヘルスクリニック 院長
福元 和彦(医師)
■泌尿器科医 ■性機能学会専門医 ■抗加齢医学会専門医 ■排尿機能学会認定医
福元メンズヘルスクリニック

<著者プロフィール>
TENGAヘルスケア 研究開発主任
牛場 栄之(うしば ひでゆき)
平成3年生まれ。大学および大学院では神経科学を専攻、2016年に株式会社TENGAへ入社、以来TENGAヘルスケア製品の研究開発を担当、その後現職。
製品開発のかたわら、皆さんに役立つ性や妊活の情報をお届けします!

早さにお悩みの3名が TIMING TRAINER -KEEP-で キープトレーニングに挑戦! 〜7週間の手書き日記を公開〜 
男性の性機能障害 皆がかかえる性のお悩み

RANKING

人気記事ランキング
1
ペニスのサイズはどれくらい?TENGA社内で測ってみた
2
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
3
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
4
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
5
膀胱炎とセックス セックスでの膀胱炎の予防法を紹介
6
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
7
勃起の仕組み 勃起力の維持方法と朝立ち(朝勃ち)の意義
8
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド
9
精液の量(射精量)を簡単に測る方法
10
セルフフェラを考える 自分でフェラをすると気持ち良いのか?