2017.12.05

オナニー国勢調査 詳細データ第一弾
出身地別オナニー頻度ランキング

1位神奈川!! 最下位徳島!?
出身地別オナニー頻度ランキング発表

2017年12月5日、TENGAヘルスケアではブラックボックスと化した、男性のマスターベーションの実態を解明するために、「オナニー国勢調査」を実施し、サイト上で結果発表を行いました。(下記リンク参照)
https://tengahealthcare.com/wp/special/report/

対象者2000人 質問数 約90問(!?)に及ぶ大規模調査であったため、上記の結果発表ページに載せきれなかったデータも多数。

そこで、未公開の有益(オモシロ)データはコラムにて発表していこうと思います!
その第一弾として、今回は全国47都道府県の出身地別オナニー頻度ランキングを発表します!

皆さんの出身地は何位かな?

出身地別オナニー頻度ランキング

堂々の全国1位は神奈川県!
湘南の開放的な雰囲気が人々を性的にも開放させ、オナニー頻度の増加に繋がったのかもしれません。
かく言う筆者も湘南出身で、オナニー三昧で育ちましたので納得の結果です。

2位は僅差で兵庫県、3位には静岡県が入りました。
ちなみにTENGA社員では、 社長の松本光一(3位 静岡)、TENGAヘルスケア取締役の佐藤雅信(マスターベーション世界王者)(6位 千葉)と、これまた納得。

一方最下位は、1.95 回と唯一の1 回代を叩き出した、徳島県という結果に…

もちろん、禁欲期間が長い方が精液は溜まり、毎日射精するよりも一回で多くの精液が出るので、それが快感に繋がるのもまた事実です。
ただ、あまりの溜めすぎは精子の状態を悪くするため、妊活中の方は注意が必要です。

このランキングを見て「俺はもっとしてるぞ」とか、「皆そんなしてるわけない」とか思った方は、
ぜひ学校や職場でオナニーについて語り合うきっかけにしてもらえれば幸いです。

オナニー国勢調査の結果は、今後も随時発表していきますので、どうぞご期待下さい。
皆さんのオナニーライフに幸あらんことを。ではでは

不適切なマスターベーションは膣内射精障害の原因に!?気になった方はコチラもチェック

メンズトレーニングカップ トレーニングガイド(遅漏・膣内射精障害編)
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション8選(男性編)

遅漏・膣内射精障害にお悩みの方に MEN’S TRAINING CUP (メンズトレーニングカップ)発売!
産婦人科専門医による妊活イベントを共催します!

RANKING

人気記事ランキング
1
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
2
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
3
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
4
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
5
精液の量(射精量)を簡単に測る方法
6
勃起の仕組み 勃起力の維持方法と朝立ち(朝勃ち)の意義
7
妊活の期間はどれくらい?妊娠するまでの平均期間と妊活開始のタイミングは?
8
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド
9
シリンジ法まるわかり講座【妊活サポートシリンジパック「Seed in」】
10
妊活中はお酒を控えるべき?飲酒の影響とお酒との付き合い方