2022.03.28

TIMING TRAINER -KEEP-でキープトレーニングに挑戦! 〜ほすくんさんの結果〜【変化グラフ付き】

早漏*にお悩みの方に向けた繰り返し使えるトレーニングアイテム「TIMING TRAINER -KEEP-(タイミングトレーナーキープ)」を使った早漏*トレーニングの結果を公開します!*疾病に該当する方を除く(以下すべてに適応)

TIMING TRAINER -KEEP-(タイミングトレーナーキープ)とは

早漏トレーニングに最適化された、繰り返し使用できるアイテムです。

スペインの早漏治療の専門家Dr. へセス・ロドリゲスが『TENGA FLIP 0(ZERO)』で実施した研究結果をもとに、早漏トレーニング専用に開発しました。

ほすさんのプロフィールはこちら

ほすさんは早漏セルフチェックの結果が20/20点という結果で、トレーニング開始前に計測いただいた膣内で射精をするまでの時間は3分ということでした。

「性器のサイズについてのコンプレックスがあり、挿入時間は…と思うけれど、マスターベーションをしていても1分くらいで射精してしまう」「周りの人とも具体的な話はしないので、みんなどうしているのか分からない」とお悩みを寄せてくださいました。

トレーニング前にTENGAヘルスケア社員と面談をしていただき、トレーニングする際に使う骨盤底筋のしくみについて詳しく説明しました。面談を通して、骨盤底筋の場所について把握していただきました。

それでは早速トレーニングの様子を見ていきましょう!

トレーニング1週目

STEP1は、射精時に骨盤底筋が動いていることを意識できることがゴールです。

事前に『TIMING TRAINER -KEEP-』を使用した際の射精までの時間も計測していただき、その結果は1分30秒で、膣内で射精するまでの時間より短かったほすさん。

「正直、気持ちよすぎて我慢どころではない」「とにかく続けるしかないのかな」と心の内を書いてくださいました。

トレーニング2~4週目

STEP2は、一番期間が長いトレーニング。刺激をすることと、手を止めて骨盤底筋をリラックスさせることを繰り返して、射精感を遠のかせる感覚に慣れていきます。

ご友人にモニターに参加していることを伝えたところ、「友人は肛門周辺の筋肉(骨盤底筋)で射精を調整することを本能的に知っていたので驚いた」のだそう。

「だが当の僕に至っては、いまだにコツどころか……という感じである」「意識すべき筋肉(骨盤底筋)を日頃から動かしたほうがいいのか?」と試行錯誤している様子が伺えました。

ただ「少しずつ使用感に慣れてきている」と書いてもくださいました。

トレーニング5~6週目

STEP3はすべての工程で最難関とされる、「刺激を与え続けたまま骨盤底筋をコントロールして射精感を遠のかせるトレーニング」です。STEP2で使用感に慣れてきていたほすさん。結果はどうだったのでしょうか。

「本当に少しずつではあるが、射精までの時間が伸びてきている」とのこと。トレーニング当初は1~2分だった時間が、3分台になった回数が多くなってきました。

射精までの時間の変化は最後にグラフにしているので、ぜひご覧ください。

トレーニング7週目

STEP4はより性交渉のスタイルに近づけ、TIMING TRAINER -KEEP-を固定した状態で腰を振るトレーニングです。ラストスパート、頑張りましょう!

最後まで行った結果、「正直思ったほど射精までの時間を伸ばすことはできなかった」と振り返りつつ、「少し変わり始めている気がしている」とも書いてくださいました。

また、「効果は少しずつ現れているので、今後もトレーニングを続けていこうと思います」という声も寄せてくださいました!

ほすさん、お疲れ様でした!

トレーニング中の射精までの時間の変化

ほすさんには、週に4回、合計28回のトレーニングを行っていただきました。TIMING TRAINER -KEEP-を使用したトレーニングにおける射精までの時間を毎回計測した結果がこちらです。

他の方の結果はこちら

挿入前に射精!?重度の早漏に対する対処法
TIMING TRAINER -KEEP-でキープトレーニングに挑戦!〜 全裸カントくんの結果〜【変化グラフ付き】

RANKING

人気記事ランキング
1
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
2
ペニスのサイズはどれくらい?TENGA社内で測ってみた
3
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
4
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
5
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
6
膀胱炎とセックス セックスでの膀胱炎の予防法を紹介
7
セルフフェラを考える 自分でフェラをすると気持ち良いのか?
8
勃起の仕組み 勃起力の維持方法と朝立ち(朝勃ち)の意義
9
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド
10
精液の量(射精量)を簡単に測る方法