一喜一憂は禁物!?精液検査の結果のバラツキについて

妊活中のカップルなら、精液検査を受けた経験があったり、これから受けるという方も多いのではないでしょうか。ただ、1回の精液検査で精子の状態がどれだけハッキリ分かるか、ご存じでしょうか?今回は精液検査の結果のバラツキについて解説します。

目次

精液の状態はとてもバラつく
自宅での精子チェックでは精液の場所のバラツキにも注意
まとめ:精液検査は数回以上行おう

精液の状態はとてもバラつく

精子濃度のバラつき

[1]より改変

こちらは、健康な男性1名が、120週間にわたり毎週精液検査をした精子濃度の結果です。グラフの値は測定毎に大きく上下し、100倍程度の差も見受けられます。

この期間中、男性は投薬を受けたり、発熱が生じることはありませんでした。つまり精子の状態は、体調が安定していも、射精の度に大きく変動するということが分かります。この変動の要因は、射精時の気持ち良さや、男性の精神状態など所説ありますが、はっきりとした理由は分かっていません。

とにかく間違いないのは、一度の精液検査の結果では、その男性の精液の状態を適切に把握することはできない、ということです。自分の状態を適切に把握するために、精液検査は複数回受ける必要があります。

自宅での精子チェックでは精液の場所のバラツキにも注意

近年、自宅用の精子観察キットが各社から発売されていますが、ここでもバラツキに注意が必要です。前述の通り、精子の状態は射精の度に変動するため、自宅で観察する場合も、数日~1週間程度の期間を空けて、2~3回程度は観察するようにしましょう。

また、精液中の精子の分布は均一ではなく、1回の射精で得られた精液でも、見る液の場所によって、精子の数や動きに差があります。つまり、1箇所の測定では精子のチェックにはならないということです。WHOの精液検査のマニュアルでも、数カ所以上の測定を推奨しているため[2]、自宅で観察する場合も、精液の乗せ換えが可能なキットを選び、1回の精液で2~3カ所以上は観察するようにしましょう。

まとめ:精液検査は数回以上行おう

今回見たように、精液の状態は射精の度に大きく変動するため、自分の状態を適切に把握するためには、数回以上の精液検査が必要です。1回の結果で一喜一憂せず、必ず数回(できれば定期的に)検査を受けるようにしましょう。

 

【参考/出典元】
[1]World Health Organisation. WHO laboratory manual for the examination of human semen and sperm-cervical mucus interaction. Cambridge university press, 1999.
[2]ヒト精液検査と手技 WHO・ラボマニュアル5版 翻訳(高度生殖医療技術研究所)

 

監修医 小堀善友

<この記事の監修>
プライベートケアクリニック東京 東京院 院長
小堀 善友(医師)
■泌尿器科医 ■生殖医療専門医 ■性機能学会専門医
プライベートケアクリニック東京

精液検査の「基準値」とは?数値の意味を解説
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える

RANKING

人気記事ランキング
1
「男の潮吹き」の真実 ~被験者が語る潮吹きのやり方~
2
セックスの理想の挿入時間は何分か?挿入時間から早漏/遅漏を考える
3
セックスでいけない?遅漏/膣内射精障害とは?症状から治療法まで解説
4
膣内射精障害のリスク増 危ない!不適切なマスターベーション(オナニー)8選(男性編)
5
精液の量(射精量)を簡単に測る方法
6
勃起の仕組み 勃起力の維持方法と朝立ち(朝勃ち)の意義
7
妊活の期間はどれくらい?妊娠するまでの平均期間と妊活開始のタイミングは?
8
早漏にお悩みの男性必見!早漏トレーニングガイド
9
シリンジ法まるわかり講座【妊活サポートシリンジパック「Seed in」】
10
妊活中はお酒を控えるべき?飲酒の影響とお酒との付き合い方