COLUMNコラム

精液の量を簡単に測る方法

自分の精液の量。一体どれくらい出ているのか気になったことが、男性なら一度ならずあるかと思います。

 

でも、いざ精液の量を測ろうと思うと、まず何に出したらいいか困りませんか?

 

コップに出すのも気が引けるし、なかなか家庭内に数mlの量を測る器具も適当なものがないですよね。

 

そんなときに便利なのが、こちら!! 精子観察キット、メンズルーペに付属の採取軽量容器です。

 

 

 

 メンズルーペパッケージの中身はこんな感じです。↓

なんとこの容器、ただ精液を採取するための容器ではなく、射精して、そのまま精液の量まで測れてしまうすぐれものなんです!

 

使い方は簡単。こちらの容器に向けて射精して、10~15分くらい待ちます。

すると精液がドロッとした状態からサラサラの状態に液化します。

その精液を目盛りのついた部分に流し込むだけ!

 

 

簡単に精液の量がわかるのです。

 

目盛りは0.5mずつで6mlまでです。

WHOの調査によると全男性の5%いるという6.5ml以上のドバドバの方はごめんなさい!

 

WHOによると、自然妊娠に必要な精液量として1.5mlが基準といわれていますが、あくまでこれは最低限に近いラインと言われています。

 

量が気になる方は、精育支援サプリメントで栄養補給しましょう!

 

【初回購入10%OFF】詳しくはこちらをクリック!↓↓

 

 

 

自宅でできる精子観察

男性妊活としては、まずは自分の精子が正常なのかを知りましょう。
今はスマートフォンのカメラに簡単に取り付けて観察ができる、精子観察キット(顕微鏡)もあります。
こちらを使用し自分の精子を観察してみましょう。ご自分で診断までは出来ませんが、
一般的な基準よりも精子の数が少ないかも?ぐらいを自宅で簡単に知ることができるようになりました。

 

 

 

専門機関の精液検査

自己観察は簡易的な方法になりますので、心配な方は専門機関の精液検査をお勧めします。
そこで、精子の数や運動に問題がないかどうかを調べ、精子の数が少なかったり、運動が悪かったりする場合には、生殖補助医療(不妊治療)が必要になる事があります。

 

量が少ない、大丈夫かな?と心配な方は、オンラインでも専門医に相談が可能です。

 

【関連記事】

男性の妊活に必須のサプリが登場!あなたの精子は大丈夫??

 

ただ、精液量も精子濃度や運動率と同じく日々変化するものなので、一回測っての一喜一憂は禁物です。

 

この容器をキッチンなどに常備しておくだけで、日々精液を出したとき、ちょっと量が気になるな と思ったらすぐに測れるので、日々変化を見てみるのも面白いですね。

 

射精後の精液ははティッシュに包んでポイ! 

というのではなく、量の変化も気にして観察してみると、日々の射精にもハリがでますよね!

 

もちろんメンズルーペでは精子の観察もできますので、たまには精液をフル活用してしてみませんか?

 

 

精子の観察に飽きたら、ユーグレナ(ミドリムシ)なんかも観察できちゃいます!

 

【初回購入10%OFF】詳しくはこちらをクリック!↓↓

  • LINEで送る