COLUMNコラム

専門医に聞く、新型コロナと妊活②  妊娠中に新型コロナにかかるとどうなる?/薬や胎児への影響

専門医に聞く、新型コロナと妊活②

妊娠中に新型コロナにかかるとどうなる? 薬や胎児への影響

 

新型コロナウイルス感染症(以下新型コロナ)が拡大する中、日本生殖医学会からは4月1日、「国内での急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまでを目安に、不妊治療の延期を推奨する」という内容の声明が出されました。

 

※5月18日時点で、同学会から「不妊治療の再開を考慮してほしい」という内容の通知が出されています。以下は新型コロナ禍での妊活情報、もしくは一般的な妊活情報として、ご参考ください。

 

(日本生殖医学会のHP http://www.jsrm.or.jp/

 

新型コロナと妊活に関する素朴な疑問について、産婦人科医の柴田綾子先生(淀川キリスト教病院 産婦人科所属)に伺いました。

 

 

この記事でわかること

Q.前回の記事で、「重症化してしまい、薬を投与する際、普通の人には使えるが、妊娠中だと使えない薬がある」とおっしゃっていました。詳しく教えてください。

Q.「アビガン」が影響するのは女性だけですか?

Q.妊娠中に感染したら、胎児にも感染する可能性はありますか?

 

 

 

※※柴田先生の回答は取材した4月30日時点の情報に基づいています※※

 

 

Q.前回の記事で、「重症化してしまい、薬を投与する際、普通の人には使えるが、妊娠中だと使えない薬がある」とおっしゃっていました。詳しく教えてください。

 

柴田先生:日本では国立成育医療研究センター(*1)が、妊娠中の方向けの薬のデータについてまとめています。新型コロナに関して様々な薬が研究されている中で、同センターのサイトでは、「妊娠中の方に使える薬はどれか」「今どれくらい研究されているのか」を表にしています

 

こちらを見ると、よくニュースでも出てくる「アビガン」は、胎児の奇形リスクが高くなり、妊娠中は禁忌になっています。

 

(*1)病院と研究所が一体となった機関。その中の「妊娠と薬情報センター」(2005年開設)が、新型コロナについての情報発信をしている。

 

 

 

Q.「アビガン」が影響するのは女性だけですか?

 

柴田先生:いいえ、男性も注意が必要です。アビガンは「精子にも影響が出て、精子の状態が変わりうる」ということも薬の注意書きには書いてあります。そのため、飲んだあとは一週間避妊をする必要があります。

 

 

 

Q.妊娠中に新型コロナに感染したら、胎児にも感染する可能性はありますか?

 

柴田先生:今の時点では、妊娠中の方が感染した場合「胎児へ感染しうる」という報告と「感染はしていない」という報告の両方があり、まだデータが出揃っていません感染する可能性も少し報告されています

 

ただ、もし妊娠中の方が感染したとしても、胎児が奇形になるなど、赤ちゃんが異常になるという報告はありません。現時点では流産しやすいという報告もありませんので、大きな心配はいらないと考えています。

 

また、万が一生まれた赤ちゃんが新型コロナに感染したとしても、きちんと治療をすることで治ります。基本的に、年齢が低くなれば重症になるリスクは下がっていきますので、大きく心配しなくても大丈夫だと考えています。

 

 

 

 

今回お話を伺ったのは

柴田綾子先生 産婦人科医/淀川キリスト教病院 産婦人科所属

 

 

 

—————————————————————————————————————————

【TENGAヘルスケアより】

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が広がっています。

 

感染リスクへの不安や日常生活の制限があり、日々刻々と情勢が移り変わる中、

適切な情報を取捨選択し、決断しなければならない状況に、

多くのストレスを感じる方もいらっしゃると思います。

 

男性向けの妊活アイテムを展開し、「男性妊活」の重要性を啓発してきたTENGAヘルスケアとしましても、妊娠を希望される方や妊娠中の方が、適切な情報に触れるためのお力添えをできたらと考えております。

—————————————————————————————————————————

 

  • LINEで送る